出演者「青山奈樹さん」のロケを終えて

出演者「青山奈樹さん」のロケを終えて

出演者「青山奈樹さん」のロケを終えて

2月21日の放送はいかがでしたでしょうか?  出演した青山奈樹さんにロケの思い出を語っていただきました。

1、どんなところに行った?どうだった?(感想など)

千葉県の房総半島、富津の「大佐和花卉園」に伺いました。大佐和花卉園の手入れのいきとどいた一面のお花畑は美しく感動的でした! 今まで消費者側からは意識したことの無かった生産の現場を拝見し体験もさせていただいたことで、物の流通について改めて意識しました。

その後、高速バスの「小湊鉄道バス」に乗り、東京湾アクアラインを通って神奈川県の横浜中華街へ行きました。「広東飯店」にて中華料理のランチをいただきましたが、
美味しいランチを食べながら皆さんとのトークもとても楽しかったです。

横浜中華街はとても活気があり、千葉県民の私にとっても特別な魅力のあるお薦めの観光スポットです!

2、今回のロケの一番の思い出 

まずは、大佐和花卉園です! かわいいハート型のアンスリュームが丹精込めて栽培されており、一輪ずつ丁寧に水に差したお花たちは大田市場に出荷されます。今は富津から大田市場までアクアラインを使って1時間半ほどで輸送できますが、アクアラインが無い時はなんと4時間もかかっていたとのことで、とても印象的でした。

そしてもう1つは、「横浜中華街」へ向かう際に乗ったアクアラインを通る高速バスの「小港鉄道バス」。アクアラインからキレイな海や富士山の景色を眺めながらのバスは、小旅行気分でわくわくと胸が踊りました。千葉から横浜中華街のような観光地に気軽に行けるのも、アクアラインがあるお陰です!

3、わたしが感じたアクアラインの魅力

今回のロケでは、まさに「地域と地域を結ぶ東京湾アクアライン」の魅力を身を持って体感しました!
千葉県と神奈川県をつなぐアクアラインによって生まれた、物や人の行き来は計り知れません。物流が円滑になることで大幅に時間が短縮でき、気軽に千葉から神奈川、神奈川から千葉の観光地へ遊びに行くことができることにより、本当にたくさんの人々の需要が満たされているのだと感じました。
私は千葉県に住んでいますが、車の運転も大好きなのでまたアクアラインを利用して川崎や横浜方面に自分の車でドライブを兼ねて遊びに行きたいと思います!

2月21日放送分はこちらからご覧頂けます。

番組レポーター・青山奈樹